恋愛小説

パンドラの箱

「なっ……! やめ…だぁ…!」 「やめる? こんな楽しいことを?」 「だっ…だってぇ…」 「嫌ならやめましょうか?」 「やめちゃ…だめぇ…!」 「良いでしょう 私の ヴァンパイア式指圧マッサージ!とくと受けなさい」 「んっ…!」 「はい。 肩もみ代ください」 ヴァンパイアと 死神の 心暖まるお話 …

著者 ぺてるぎうす(2)
PAGE 10ページ
閲覧 4161人
ファン 138人
更新 10-05-27 01:26
総合3014位
ジャンル1397位
[死神] [ヴァンパイア]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#3)]


モバスペBOOK