恋愛小説完結

ぎゅってしてもいい?

「二人だけの秘密の場所にしよ」そんな言葉から始まった、君との特別な時間。きっと、誰も知らないの。「ぎゅってしてもいい?」彼がどれほど優しくて、甘くて……繊細で、寂しがりやかってことを。

著者 いず(9)
PAGE 171ページ
閲覧 79843人
ファン 7854人
更新 10-10-16 23:23
総合10838位
ジャンル4605位
[ふわふわ] [同級生] [甘い]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#172)]


モバスペBOOK