恋愛小説

難攻不落の水瀬くん。

「ごめん。無理。」女子の告白は速攻でお断りする難攻不落の男、水瀬。そんな彼は、私のことが好きらしい。「可愛すぎて食べちゃいたい…」甘すぎて、気絶しそう。

著者 椿
PAGE 101ページ
閲覧 111145人
ファン 7208人
更新 18-03-16 16:17
総合259位
ジャンル104位
[難攻不落] [甘々] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#16)]


モバスペBOOK