恋愛小説完結

キチク男の不器用な愛情表現。

優しかった幼なじみは、ある日を境に冷たくなった。「俺、お前のこと女として見たことねーから」私を突き放すくせに。「奏、ごめんな…」たまに見せるその優しさはなに…? 本編、番外編完結。

著者 胡桃(4)
PAGE 522ページ
閲覧 293886人
ファン 12026人
更新 15-12-22 20:12
総合48375位
ジャンル21468位
[幼なじみ] [鬼畜] [優しい]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#103)]


モバスペBOOK