恋愛小説完結

【絶対幸福論】

「……来る?」差し延べられたその手は、私にとって紛れも無く、運命だった――。ヒトリボッチになった女の子と、ヒトリボッチだった男の子の、ほのぼの系ラブストーリー

著者 白雪林檎(5)
PAGE 624ページ
閲覧 613610人
ファン 15245人
更新 12-05-17 23:58
総合23937位
ジャンル10666位
[ぽち] [めんどくさい] [らいおん]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#232)]


モバスペBOOK