恋愛小説完結

副会長サマの下僕。

文武両道、人望も厚くて、まさに生徒の鏡である私、日高凛、この度生徒会長になりました。さあ頑張るぞと思ってたら、「俺、あんたの弱味、握っちゃったよ?」副会長に脅されました。ピンチです。へるぷみー。

著者 ひなた(12)
PAGE 580ページ
閲覧 800866人
ファン 20045人
更新 16-10-14 19:08
総合366位
ジャンル127位
[学園] [生徒会] [下僕]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#294)]


モバスペBOOK