恋愛小説完結】《短編》

煙草が香る瞬間は

私を包む先生の、シャツから香る煙草の匂い── 「煙草は嫌いですか」「嫌いです」 その苦い香りで、私を支配してしまうのはいつだって、あなた。

著者 あやめ(28)
PAGE 5ページ
閲覧 7637人
ファン 285人
更新 13-05-10 20:55
総合45563位
ジャンル20268位
[煙草] [先生] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#18)]


モバスペBOOK