恋愛小説

はやしくんに、紫陽花の花束を。

「ななせと話してるの、好きだよ」そう言った彼と次に会ったのは、友人の結婚式だった。恋愛知識は少女漫画だけの彼と、恋愛はできるのかな?

著者 @なお(6)
PAGE 72ページ
閲覧 4543人
ファン 220人
更新 20-07-31 03:14
総合68012位
ジャンル29183位
[恋愛] [幼なじみ] [大人]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#1)]

モバスペBOOK