恋愛小説

変人変態運転手

「本日も北部バスをご利用ーーどうせ橋塚さんだけだからいいや」「一応客ですけど」私が出会ったのは変人変態バス運転手だった。

著者 走(3)
PAGE 39ページ
閲覧 3557人
ファン 788人
更新 16-02-06 02:03
総合48120位
ジャンル21385位
[恋愛] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#6)]


モバスペBOOK