恋愛小説

その瞬間、銀色に香る。

林檎のような紅の頬、キャラメル色のふわふわなくせ毛。泣き虫で臆病で、なぜか敬語で。──そんな不思議な彼の裏には、真っ黒な世界がありました。

著者 月桜
PAGE 119ページ
閲覧 6105人
ファン 534人
更新 14-03-11 21:22
総合52429位
ジャンル23196位
[恋愛] [文学] [銀色]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#8)]


モバスペBOOK