文学完結】《短編》

毒薬入り砂糖菓子

愛してる、って言う度に 彼は自分を殺してるみたいだった。

著者 秋海アオイ(5)
PAGE 82ページ
閲覧 20350人
ファン 1689人
更新 18-02-28 21:12
総合1209位
ジャンル11位
[不道徳] [図書室] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#22)]


モバスペBOOK