恋愛小説

\ SmoocH /

「……ひな、会いたかった」 ──低い声でそう囁いて、彼は涙を流した。* これ以上なく幸せな瞬間に、キスしたい。2014年6月23日新着オススメ/2015年12月13日再執筆開始

著者 薄海れこ(4)
PAGE 164ページ
閲覧 58596人
ファン 4190人
更新 16-05-04 09:54
総合56501位
ジャンル24881位
[るーくん] [ひなちゃん] [スムーチ]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#52)]


モバスペBOOK