恋愛小説

ねぇ、教えてよ。

「欲しがりが。」そう言って妖麗に笑う男はこの学校で有名な男。その男に捕まったわたしはもう逃げられない。−−なんてあってたまるか。

著者 瀬戸口 夜(4)
PAGE 127ページ
閲覧 44098人
ファン 2308人
更新 19-01-20 15:29
総合68276位
ジャンル29266位
[恋愛] [溺愛] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#9)]


モバスペBOOK