恋愛小説

猫の目をしたキミが好き

「ねぇ…キスしてい?」「…いいよ」ーあの時あなたが、あんな瞳で見つめるから…。気づいてしまった…誤魔化せない、この気持ち。※奥澤高校シリーズ第5弾です!

著者 いちは(5)
PAGE 30ページ
閲覧 111人
ファン 14人
更新 19-07-19 17:05
総合299位
ジャンル135位
[恋愛] [学園] [友情]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#0)]


モバスペBOOK