恋愛小説

甘いもの好きな高橋くん

3年間片想いしていた男の子に勇気を振り絞ってチョコを渡した美優だが受け取ってすら貰えなかった。自棄になって捨てようとした時「捨てるなら頂戴」と声を掛けてきたのは甘いもの好きな高橋くんだった。

著者 澪。(7)
PAGE 180ページ
閲覧 15602人
ファン 480人
更新 19-12-25 08:09
総合52421位
ジャンル23255位
[チョコレート] [高橋くん] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#7)]


モバスペBOOK