その他 小説完結】《短編》

僕の家は呪われている

僕の家は呪われている。なぜなら、僕の家に恋人を連れてくると、必ず数日後に失うことになるからだ。でも、僕は本当は気づいている。呪われたこの家に上がっても、僕の傍に居てくれるヒトを探しているのだと・・・。

著者 A*(13)
PAGE 1ページ
閲覧 1669人
ファン 23人
更新 11-02-22 06:43
総合17074位
ジャンル1561位
[短編] [呪い] [悲しい]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#8)]


モバスペBOOK