SF小説

Re

『この世界を救うのは俺じゃない。君だよ』 西暦2155年。意思を持つ、しかし感情を持たないコンピュータに支配された世界は、彩りを失った。 嘗ての美しい世界を取り戻すべく、5人の人間が立ち上がる。  ――もう誰にも、あんな思いはさせたくない。今はただ、進むしかないんだ。   彼らの行く手を阻むのは、姿の見えぬ敵。その先に、光はあるのだろうか。

著者 瀬島 蒼(2)
PAGE 83ページ
閲覧 7392人
ファン 126人
更新 10-11-17 15:33
総合5454位
ジャンル63位
[近未来] [コンピュータ] [革命]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#11)]


モバスペBOOK