恋愛小説

ビターボーイ(旧:あの子に紅茶をこぼして)

バレンタインの夜、りのは『学校一の人気者』永瀬先輩の本性を垣間見た──そんな彼には誰にも言えない秘密があって。*彼の残酷さが、いつしか私の体に溶けこむのだとしたら。2016/1/15執筆開始

著者 薄海れこ(3)
PAGE 420ページ
閲覧 24033人
ファン 971人
更新 16-11-04 13:23
総合63551位
ジャンル27613位
[シリアス] [青春] [恋愛]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#12)]


モバスペBOOK