恋愛小説

風 紀 違 反 。

僕は、車のドアを開けた彼女の手を掴み身体を引き寄せキスをした。彼女は僕を悲しげに見つめた。彼女は男に抱かれにいく、そして消えた。ーー身体と心は切り離せるのだろうか、僕にはわからない。

著者 風宮
PAGE 31ページ
閲覧 144人
ファン 28人
更新 19-10-10 00:59
総合61986位
ジャンル26994位
[恋愛] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#0)]


モバスペBOOK