ファンタジー完結

蜃 鬼 楼

とある夜、男は突然やって来た。 「そなたを迎えに来た。一緒に来てもらおう」低い声と共に男は部屋の中へ入ると、怯える少女の唇に強引に口づけた。鬼である彼に一途に愛される和風恋愛ファンタジー

著者 雨唯(7)
PAGE 411ページ
閲覧 145146人
ファン 6924人
更新 14-01-21 23:58
総合33671位
ジャンル1745位
[] [和風] [恋愛]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#68)]


モバスペBOOK