恋愛小説

【BL】一礼してコンと鳴け!

ひとりぼっちの春の前に現れたのは、狐の神様だった。「私は神様なんかじゃない」秘密を抱えた神様と愛されることを知らない青年のピュアラブストーリー

著者 レミ(15)
PAGE 41ページ
閲覧 507人
ファン 54人
更新 19-01-08 02:02
総合68572位
ジャンル29371位
[] [神様] [妖怪]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#1)]


モバスペBOOK