私の恋愛(実話)完結

中学生の私と、センセ

「 僕とヤマダさんが同じ年なら、きっと答えは違ったんだろうね。 」━━ そう言いながら頭を優しく撫でる先生の目は凄く、辛そうに微笑んでいた。

著者 ヤマダ
PAGE 302ページ
閲覧 20518人
ファン 879人
更新 17-03-08 00:41
総合64903位
ジャンル7581位
[先生] [先生との恋] [年の差]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#20)]

モバスペBOOK