恋愛小説

時雨れる2時の赤い舌。

「オレといたっていいことないよ。」嘘つきな彼は、真っ赤な嘘で、二枚舌で、器用にわたしを傷付けた。@YOU22mbsp

著者 陽(14)
PAGE 25ページ
閲覧 15883人
ファン 1921人
更新 19-11-13 21:29
総合30位
ジャンル16位
[5時晴れ] [スピンオフ] [恋愛]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#8)]


モバスペBOOK