歴史

きっと、明日は。

ある夜、事件が起きたーー。身内を殺された主人公は感情を失った。そんな矢先、新撰組に拾われ女中として住み込みで働く事になってーー彼女にはある秘密があった。

著者 久遠シキ(2)
PAGE 6ページ
閲覧 91人
ファン 14人
更新 18-07-11 02:37
総合66042位
ジャンル944位
[秘密] [新撰組] [狂愛]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#0)]


モバスペBOOK