恋愛小説完結】《短編》

「ごめん野球の練習ある」

『たっくん遊ぼう?』「ごめん。野球の練習ある」何度誘っても返ってくるのはこの言葉ばかり。――――――その言葉の先には……?

著者 浅尾(2)
PAGE 18ページ
閲覧 15402人
ファン 1145人
更新 12-09-03 20:02
総合32477位
ジャンル14564位
[幼馴染み] [野球] [甲子園]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#108)]


モバスペBOOK